2006年04月18日

大門横丁☆超おすすめ!!


冬の函館で、とってもおもしろい場所、みつけましたexclamation×2

それは、
ぴかぴか(新しい)ひかりの屋台、大門横丁!ヾ(@^▽^@)ノグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

大門横丁2.jpg 大門横丁3.jpg

ここは2005年10月23日、函館駅近くにオープンしたばかりの新スポットぴかぴか(新しい)
敷地内には26軒の飲食店が並びます。レストラン

ラーメン店100円でお寿司が楽しめる店ジンギスカンのお店。
函館グルメが一度に楽しめちゃいますねぇ。目るんるん
…かと思えば、イタリアンやアジア料理のお店まで、実に幅広いラインアップ。

どのお店もこじんまりとしている店構え。
大門横丁全体が、レトロ感ただようセットみたいで、とってもかわいらしい一画になっています。d(≧▽≦*)揺れるハート

この大門横丁の関係者の方にお話を聞きました。
コンセプトとしては、「函館らしく、ハイカラなイメージ」
そして函館山からの夜景に代表される「光のまち、函館ぴかぴか(新しい)を意識して、
「光」・「イルミネーション」を意識した雰囲気作りを目指したそう。

なるほどぉ、どことなく懐かしく、温かさを感じたのは、
そういったコンセプトに基づいているからなんですねぇ。('▽'*)黒ハート
イルミネーションがほどこされているほか、お店からこぼれる灯りも、本当にいい雰囲気をつくっています。
大門横丁店2.jpg 大門横丁看板2.jpg 大門横丁店.jpg

26店舗のなかから今回あたし達が立ち寄ったのが、ジンギスカンのお店「ラムジン」。
ラム肉を炭焼きで食べられるお店です。o(@^◇^@)oるんるん
ラムジン.jpg

ここで初めて、生ラム肉を食べました!手(チョキ)
生ラム肉とは、生でラム肉を食べるということではなく、「流通過程でも一切冷凍をしていない」、という意味でのラム肉です。
生ラム肉.jpg ラム焼く.jpg
とっても肉厚なのにやわらかくって、ラム独特のクセが嫌味じゃなく、とにっかくおいしかった! ヾ(≧▽≦)揺れるハート
もともとラム肉好きだけど、これまで食べたなかで一番おいしかったって言いきれちゃうっぴかぴか(新しい)

最近ラム肉がはやってきたことと、流通の技術が発達したことで、生のラム肉が出回るようになったということ。
ちなみにラムジンには通常の冷凍ラム肉もメニューにあって、「懐かしラム」という名で、生ラム肉よりも安くありました。目ぴかぴか(新しい)
んー、たしかにそのうち、ぜいたくにも生のラム肉が当たり前の時代になったら、「昔は冷凍ものだったんだょ」とかいいながら「懐かしラム」を頼むのかもしれない(笑)。



ここ、本当にこれからはやると思いますexclamation×2
ぜひ、というか、絶対是が非でも、行ってみて!
かなぁ〜りおすすめ!! ヽ(〃^▽^〃)ノかわいいかわいいかわいい

レストラン大門横丁オフィシャルサイト
posted by じゅんこ。 at 20:58| Comment(9) | TrackBack(2) | 冬の函館レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。