2006年04月26日

旧函館区公会堂。


元町エリアの第一弾は、観光名所でおなじみ、旧函館区公会堂です。目

S公会堂ホめ下から.jpg

こちらは、函館を代表する建造物のひとつで、国の重要文化財に指定されている建物。

ブルーグレーに黄色の縁取りが特徴で、とてもかわいらしい。(*'-'*)るんるん
近くで見たら、想像以上にグレーの強いブルーだった。
ガイドブックの印象だと、もっと青々しかった気がしてたんだけどな。
これもまた、冬マジック??
そうだ、アイスブルーグレー、と勝手に呼んでおこう、冬だけにっ!
(o^∇^o)ぴかぴか(新しい)

公会堂正面.jpg
この建物は、明治43年(1910年)に建てられた明治洋風建築物で、左右対称にデザインされている。大正天皇が皇太子殿下時代に宿舎として利用していたこともあり、内装が10億はくだらない、という! どんっ(衝撃)(*゚Q゚*)まぢっ!?

なるほどぉ〜、トイレにも桧やえぞ松を使っているらしいし、各部屋におかれた重厚な調度品の数々がそれを物語っている。
2階には130畳の大広間があり、パーティーなどが開かれていたのか、なんとも華やかな雰囲気が漂う目ぴかぴか(新しい)
ホールライト.jpg
↑↑大広間はライトだって、こ〜んなカンジに、可憐かわいい
今でもたまにコンサートなどが開かれているというこの大広間は、とってもステキだった。つやつやの床にライトや日差しが反射していて、とっても美しぃ。(〃'∇'〃)揺れるハート
高貴な香りがぷんぷんした。

大広間.jpg
↑大広間にて。映っているのは、イメージチームのおふたり。
(ちなみに、私はレポートチーム目

ここ公会堂では、ウエディングドレスを20分1000円でレンタルしていて、館内の好きなところで写真を撮らせてくれる。カメラぴかぴか(新しい)
ただ…、冬季はレンタルをやっていないので、今回は特別に撮影させてもらいました…(^−^あせあせ(飛び散る汗)
ドレスは、「明治時代風」ということで、どれもハイカラなイメージのものばかり。パフスリーブだったり、大きめモチーフがアクセントになっていたり、ディテールがちょっとレトロでおしゃれなドレスたち。
色も派手できらびやか。でもそのほうが、この建物には、まちがいなく似合う。
(=´▽`=)黒ハート


そしてこの旧函館区公会堂、建物前から眺める景色が、これまたすばらしい。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
元町公園より.jpg
手前の広場が、元町公園。そしてその向こうには、海と山が広がる眺め。



こうして旧函館区公会堂は、100年近くも前からこの場に佇み、函館の発展から今に至るまでを見守っているんですねぇ。(*'ー'*)

歴史を感じるけれど、でも決して古びてはいない。
「明治ロマン」の香りがする、そんなステキな建物でした。ヾ(=^▽^=)ノ黒ハート

次項有旧函館区公会堂のサイト
posted by じゅんこ。 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の函館レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。