2006年04月28日

建物めぐり。


今日は、冬の函館、建物めぐりの巻〜、です(*゚ー゚*)るんるん

元町エリアは、洋風建築や和洋折衷でおしゃれな建物がたくさんあって、
その異国情緒あふれる町並みが特徴的。目かわいい
それは、いち早く海外へ開港していた歴史を持つ函館の、港町ならではの雰囲気です。

そんな素敵な函館の町は、お散歩がてらの建物めぐりがおすすめ。手(チョキ)ぴかぴか(新しい)
ちょっと歩けば、味のある建物がいっぱい。

相馬.jpg 相馬2.jpg
函館の町に数ある歴史的建造物のなかでも、代表的な建物がこれ。
相馬株式会社。
ルネサンス様式で、なんともハイカラぴかぴか(新しい)なこの建物は、なんと大正2年に建てられたという。w(゚o゚*)w
モスグリーンの色合いといい、玄関まわりの装飾といい、とってもロマンチック。揺れるハート
古くからあるというのに、今もまだ、この一角に何の違和感もなくなじんでいる。
…むしろ「古くからあるから」、なのかなぁ…。(・o・*)

そしてその前を路面電車が通る光景も、かなり味がある!
相馬とポリス路面.jpg
↑しかも、ポリス柄の路面電車っ!!(*'▽'*)わぁグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

相馬株式会社の建物に、こんなプレートがありました。
伝統的建造物.jpg
そう、この建物は、文化財保護法に基づいて保護されている建物のひとつ。
このようなプレートがついた個性的な建物が、元町エリアにはたくさんある。
こうして、この独特な町並みは守られているんですねぇ。
(〃´∇`〃)黒ハート

ガラス工房横.jpg ガラス工房ドア.jpg
木造にガラス扉って、なんだか懐かしいようで、新しぃ。
(  ・ _ ・  )ジー

↓↓こちらは、和洋折衷な建物たち。
和洋折衷.jpg 和洋折衷2.jpg
1階部分が和風なのに、2階はペンションみたい。o(゚ー゚o)かわいい

クラ改造.jpg 亀属生誕2.jpg
倉を改造して民宿らしきになっているものや、出窓とピンク壁が目を引くものなど…。

小林ハ真館2.jpg 小林ハ真館アップ.jpg
こちらなんて、右から読む看板なあたりに、かなぁ〜り歴史を感じます。
この小林写真館は、明治35年造。道内に現存する写真館の最古の建物らしぃ。(゚ロ゚〃)ナント!!


こうしてところどころに、歴史を感じる造りの建物や、当時のハイカラなイメージをそのままに残す建物が、中には今もなお現役で、函館の町に息づいている。
きちんと、守られながら。ぴかぴか(新しい)
いつまでもこの特別な雰囲気の町並みは、「函館らしさ」であり続けてほしぃと思います。('-'*)



函館の情緒ある町並みを、てくてく歩いて建物めぐり目ぴかぴか(新しい)
とくに何を目指すでもなく、気が向くままに歩いてみるのも、おもしろいですょ〜。

冬の函館をお散歩して、身体が冷えて疲れたら、とっても和造りなカフェでホッと一息…なんて、なかなか通な楽しみ方がおすすめっ(@^▽^@)るんるん

花かんろ.jpg おしるこ.jpg
冷えた身体に、木のぬくもりと、つやつやおしるこ。
プチ幸せ、なひとときでした。ヽ(=´▽`=)ノハートたち(複数ハート)

posted by じゅんこ。 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の函館レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。