2006年06月01日

函館ごはん☆。


もはや、いつ更新するのかわからない『週刊・冬の函館』、みたいになっていますね…(^^あせあせ(飛び散る汗)
↑って他人ごとみたいだけど。
いつも見てくださってる皆さん、本当にありがとうございます。
(o^ー^o)揺れるハート


今日は、函館に滞在したときにホテルで食べたご飯を紹介します。
だって、とっても函館だったからるんるん。(笑)


まず、函館に着いたその夜、ホテル内にある和食料理店で、
コース料理を食べました。
お刺身貝の和え物だとかウニまんじゅうカニの甲羅にカニグラタンが入ったもの…
もう次から次へと海の幸、を大満喫っ。手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

それでも一番びっくり&大興奮だったが、〆のご飯exclamation
これがねぇ、ふつぅ〜に白いご飯が出てきたのだけど、なんと一緒に、
ガラスの小鉢に入ったいくらの醤油漬けが出てきたのッexclamation×2 
(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
もぅテンションもウナギのぼりっグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
いくらがチョロっとご飯にのって出てくるんぢゃなくて、
どぉ〜んッ、と小鉢にたっぷり出てきたもんだから、
その惜しみないあたりに北海道を感じて、かなり感動しちゃった(〃⌒ー⌒〃)黒ハート

↓↓思わず、「いくらご飯・五稜郭風」ぴかぴか(新しい)に仕立ててみましたょ〜。(笑)
いくらご飯五稜郭風.jpg


そして、同ホテルの朝食も、かな〜り函館ぴかぴか(新しい)だった。

ビュッフェだったのだけど、もぉそのラインアップに目がくぎづけ。目
タラコ焼き鮭昆布巻き
ってまぁ、このあたりまでは、さして驚かない。

昆布と数の子松前ソーラン漬(おぉ、北海道ッぽぃ)、
いくらの醤油漬け(ナントッ!!ヽ(*'0'*)ツ ここにも出現っ!)、そして、
イカ刺しexclamation×2
朝ごはんなのに、ちょっとリッチなお正月の晩ご飯みたいぢゃなぁいっ!?

期待どおり、乳製品にも、函館の影がくっきり。
函館牛乳はサラッとしているのに濃厚な味だったし、
函館ヨーグルトだって、超もったり舌にからんで、おいしかった。(*´∇`*)


予想外にホテル食のなかにも函館をみっけてうれしかった、
そんな冬の函館の思い出です。かわいいかわいいかわいい


あ〜…。おいしかったなぁ…。(゚◇゚、)ぢゅるッ。



余談ですが、最近、かなりカニカマにハマってます(笑)。
カニじゃないのに、あんなにカニぶれてるんだから、すごくえらいと思う。目ハートたち(複数ハート)

でも、ホントのカニは、やっぱりおいしかったなぁ…とくに焼いたの…
(・・*)。。oO(思い出し中)


当面は、カニカマでだましておこぉと思います(自分を)。


posted by じゅんこ。 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の函館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18708491

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。