2006年07月04日

「五稜星の夢」とは。

久しぶりのアップになってしまいました…(>▽<あせあせ(飛び散る汗) アセアセ

もう東京はすっかり夏の陽気です。晴れぴかぴか(新しい)
連日30度近くで。


そんななか、
冬の函館で手に入れたフリーペーパーを読み返していたら、
五稜郭の冬のライトアップに関する記事を見っけました。目グッド(上向き矢印)


美しい星型を誇る五稜郭は、1月中旬から2月末までの間、
午後5時から10時までライトアップされます。ぴかぴか(新しい)
その名も、「五稜星(ほし)の夢」とよばれる、毎年恒例のイベント。るんるん

五稜郭公園の壕、周囲1.8kmを、なんと2000個の電球で飾る、
なんとも壮大なライトアップ計画。
「地上に降りた大きな星」をイメージしたイルミネーションです。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


このイベントが始まったのは、1988年、有志8人が
冬は暗く寂しい五稜郭公園をアピールしよう、と話したことがきっかけだったそう。

市民からの募金と、企業からの広告協賛金函館市からの助成金で、
このイベントの費用はまかなわれているそうです。


五稜郭という素材があって。
それを活かそうとする人たちがいて。
そしてそれを実現する、市民のひとたちがいる。
('-'*)かわいい


2月に行ったときは、そんな背景は知らなかったたらーっ(汗)
本当に、いろんな人たちが冬の五稜郭をささえているのですねぇ。
冬の函館の夜に、みんなの想いが灯る
今さらながら、思いもヒトシオです(*´∇`*)黒ハート


夜五稜郭.jpg
壕にはった氷。そこに反射したやわらかい明かりが、星をかたどる。
夜の函館の地に、星が、浮かび上がる。
4月にオープンした新タワーからなら、
この星をステキに挑めるんだろぅなぁ〜。(≧ー≦ )るんるん


この大地に横たわる幻想的な星は、
冬の函館ならではの風物詩ですo(*^▽^*)o~揺れるハート


posted by じゅんこ。 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の函館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。